キャンペーンページのトップへ

人気のツアーが目白押し!「Q1リゾート&スパ」に泊まるゴールドコースト4泊5日ツアーご招待
YAGAWA NORIYO

【4月の当選者】 YAGAWA NORIYO様
YAGAWA NORIYO 様 の喜びのコメント
この度はATSさんの10周年記念の懸賞に当選させていただきまして誠にありがとうございました。4泊5日のゴールドコーストトQ1リゾート&スパ゚の宿泊そして人気のツアーをプレゼントして頂いたので、折角遠い遠いオーストラリアに行くのなら・・・・と思い、ゴールドコーストに加えてまだ行ったことのないケアンズやエアーズロック、シドニーも回り10日間のオーストラリア満喫の旅をすることができました。
こんな機会を与えてくれたATSさんに感謝です。



『Q1リゾート&スパに泊まるゴールドコースト4泊5日ツアー』レポート

当選者のYAGAWA様にご協力頂き、当選商品のゴールドコースト豪華旅行を写真つきでレポートして頂きました。

1日目  2日目  3日目  4日目  5日目

【 出発日 2007年6月8日(金)21:30PM 】 
QF360にていよいよ成田出発です。翌日は朝からブリスベン観光を予定している為、飛行機の中で映画三昧の寝不足もまずいと思い機内食を食べた後はすぐに就寝です。今回は4都市の滞在の為、カンタス航空のオージーエアパスを使い広大なオーストラリアを飛び回ってきました!飛行機はJALとの共同運航便でB747−300。エコノミーでしたがアッパーデッキだった為、通常のエコノミーよりも座席が広々としており窮屈な感じがあまりなく快適に過ごすことができました。しかも窓側の席の窓と座席の間に荷物を入れることのできるボックスがありそれがとても便利!好きなときにいつでも座ったままで荷物を出し入れできるんです!ボックスには蓋も付いていたのでちょっとしたものが置けたりと・・。しかもアッパーデッキは座席数が少ない為結構静か。とてもよく眠ることができました。エコノミーの時はアッパーデッキに限りますね。とても気に入りました。
トップへ戻る



【 1日目 2007年6月9日(土)7:05AM 】 
ローンパインコアラ園
ローンパインコアラ園
ブリスベンに予定通り到着しました。
さぁー、これから半日間はブリスベンの市内観光、ローンパインコアラ園、ストロベリーファーム等で楽しみながらゴールドコーストのQ1に向かいます。 ブリスベンの市内は川が町の中を流れ、とても落ち着いた都市でとても素敵な街だなぁ・・という印象を持ちました。緑も多くそれでいてビルも立ち並ぶバランスのいい街ですね。 マウント・クーサ展望台からはブリスベンの街が一望できます。朝早かったので人も少なくとてもいい感じ。

ブリスベンの街並みも堪能したところで、ローンパインコアラ園に移動です。ここはコアラ、カンガルー、ウォンバット、ディンゴなどのオーストラリアの動物をたくさん見ることのできる自然公園です。コアラも抱っこできますよ。私が抱っこしたコアラはまだ若いコアラで顔がとってもキュート。コアラってよく見ると顔が全然違うんですねぇ。抱いてみるまではそんなにコアラに興味はありませんでしたが実際よーくみてみるとカワイイのですっかり好きになっちゃいました。

ワラビー ウォンバット
ワラビー ウォンバット

ここではたくさんの動物に触れたり近くで見ることができます。この無防備なウォンバットにはほんと癒されます・・・



Q1のお部屋からの眺め
Q1オーシャンビュー

そんなこんなでブリスベンを楽しんだ後、13:00にQ1に到着です。

チェックインは14:00なので入れてもらえるかなぁ〜、と心配だったのですがすんなり入れてもらえました。しかも今回は40階の1ベットルームを用意してもらいました。確かQ1の1ベットルームは35階まででは??と思ったのですが・・・ともかくQ1は高層階ほど眺めがいいので喜んでお部屋に入りました!


お部屋はもちろんオーシャンビューです。
お部屋からの眺めはこんな感じ!


ワラビー ウォンバット
Q1のお部屋からの眺め南側 Q1のお部屋からの眺め北側


ワラビー
Q1リビング・キッチン


お部屋はとても広々としていてどの部屋からも海が臨めます。キッチン用品もばっちり揃っていますので料理も十分楽しめます。また、タオルの交換も毎日、塩・こしょう・ミルク・洗剤も毎日補充してくれます。

Q1のお部屋は白を基調にしており、部屋に入った瞬間窓のむこうに見える海の青とのコントラストが最高に綺麗です。1ベットルームといっても広いリビング、キッチン、ベットルーム、バルコニー、そして玄関脇にはデスクとソファーのあるスペース・・・と、とてもゆったりとした作りになっています。


Q1リビングに完備されたTV、DVD、CDコンポ
Q1リビングに完備されたTV、DVD、CDコンポ

お部屋にはTVはもちろんDVDプレーヤー、CDコンポ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、掃除機、食器洗浄機、電子レンジ、オーブンも完備してあります。はっきり言って、我家よりも色々なものがよく揃っています・・・・。なのでとても快適に家にいるときのように(たぶんそれ以上に・・)過ごすことができました。

前回にQ1に宿泊した際、食器洗浄機の素晴らしさを体験し、日本に帰ってきてから自宅でも購入してしまいました。キッチン用品についても包丁、なべ、器具もとても充実しています。ただ、野菜など洗うときにボールがあれば便利だなぁ・・・っと思ったくらいですね。



Q1のバスルームはとても快適です!浴槽もとても大きくってジェットバスも付いています。シャワーブースも別にあり、水圧もばっちりです。シャワーのヘッドも固定式ではないのでとても使いやすいです。今回のお部屋は違ったのですが、前回宿泊した際の2ベットルームのバスルームは浴槽からも海が見れるような設計でした。開放感がありとても気持ちがよい空間だったことをとても強く記憶してます。
また、クローゼットのスペースもとても広々としているので荷物の多い私には最高でした。
お部屋の大まかな概要はこんな感じです。


今日は夕方の17:30より土ボタル探検ツアーに参加するのでそれまでちょっと仮眠です・・・。 17:30にQ1までツアーのお迎えの車がやってきました。いよいよGCから60キロ離れたスプリングブルック国立公園の中のナチュラルブリッジまで土ボタルを見に出発です。ツアーガイドの方が車中にて到着までの時間土ボタルについての説明を詳しくしてくださいました。6月のオーストラリアは冬に当たるので日が暮れるのもとても早く国立公園に着いたときには既に真っ暗です。しかも電灯のない山の中は懐中電灯の明かりがないと漆黒の闇そのもの。日本ではなかなか経験できない真っ暗闇です。

いよいよツアー参加者12名全員で懐中電灯を持って土ボタルの見れる洞窟まで出発です。レインフォレストの中を歩きながらツアーガイドさんが植物などについても説明してくれました。その中でも絞め殺しのイチジクの木という巨大な木がとても印象的でしたね。なんと言ってもそのネーミングが・・・とてもインパクトありますよね。他の木を絞め殺して自分は大きく育っていくという面白い形をした木です。そんな真っ暗闇のレインフォレスト散策を楽しみながらついに洞窟に到着しました!洞窟の中は滝が流れており水の音が聞こえてきます。土ボタルの光をより綺麗に見れるようにと、洞窟の中に入ってから全員でいっせいに懐中電灯を消して真っ暗闇の洞窟の天上を見上げました。

土ボタル
土ボタル
注意:土ボタルの写真撮影は禁止されております。
こちらの写真は催行会社提供のものです。

するとあたり一面青く光った土ボタルが!!なんとも幻想的な光景です。参加者の漏れるような溜め息が一斉に聞こえてきました。こんな世界遺産の山の中に、しかも電灯が一個もない真っ暗闇の森の中を自分で歩いてこんな洞窟の中にくるなんていう経験がとても貴重に思えました。一人ではとてもこれるところではないのでやはりツアーに参加してガイドさんに色々なことを教えてもらいながらくるのがベストですね。

土ボタルを充分に鑑賞した後、また車に乗り込み、今度は星空を一番よく鑑賞できる場所まで移動です。この日はとても寒く晴れた日でした。星空はプラネタリウムのようでした。天の川、南十字星、木星、金星、そしてさまざまな星が360度肉眼で見渡せるあの星空には本当に感動しました。肉眼ですよ!!ガイドさんが星の説明をたくさんしてくださいました。あまりの綺麗さにずーっとこの星空を眺めていたい気分でしたが時間になってしまったのでまた車に乗り込んで、ディナーのためのレストランに移動です。ほんと離れがたい・・・。

私たちのディナーはロブスターのコースを用意していただきました。これがまたすごい!大きなロブスター丸々一匹が一人前です。もう当分ロブスター食べなくてもいいくらいおなかいっぱい食べてきました。このコースはロブスターのほかにもアボガドのシーフードサラダ、野菜サラダ、フライドポテト、イカリング、ガーリックトーストが付いていました。すごい量にびっくりしましたがおいしかったので残すのももったいないと思い、パックをもらってお持ち帰りです。ガーリックトーストが5人分?!位はゆうにありましたねぇ。とってもおいしかったので翌朝の朝食になりました!
夕食も堪能して21:30頃にQ1に到着です。とても素敵な自然を案内してくれたガイドさんに本当に感謝です!改めてオーストラリアの自然の素晴らしさを感じた一日になりました。

トップへ戻る




【 2日目 2007年6月10日(日) 】
Q1のお部屋から見る朝日
Q1のお部屋から見る朝日
今朝は早起きをしてお部屋から朝日を見ました。部屋からみる朝日はとてもきれいでした。贅沢ですね。

この日は11:00より評判のQ1のスパに行き、60分のコドボディマッサージをやってもらいました。前回もやってもらったのですが、ほんとここのスパはいいですねぇ。わたしはすっかり前回でクセになってしまいリピーターです。Q1のスパは日本人のスタッフが数名いますので英語の苦手な方でも気軽に行くことができます。私はアロマオイルを使ってのマッサージをしてもらったのですが、これが本当に気持ちいいんですよ。そして終わった後に出してくれるYula Teaというお茶もデトックス効果がありとても気に入っています。私は前回とっても気に入ってしまい、今回来たら絶対に買って帰ろうと来る前から決めていたくらいです。A$42とはちょっとお高めですけがお勧めの一品です!

スパが終わって、部屋に戻り昼食も食べた後いよいよCGの街にお出かけです。まず一番最初に行ったのはウールワースという大きなスーパーマーケット。これから4日間の食材を求めに行ってきました。野菜や果物は日本とそんなに値段が変わらないか、むしろ高く感じることもありましたね。牛肉はやっぱり日本より安いです。醤油や米も売っているので食事に困ることはありません。お米はオーストラリアで作られているSUN RICEというのが日本のお米にとっても近いそうです。                     
そして帰り道で酒屋さんにより、日本のレストランではなかなかお目かかれない私の大好きな大好きなBrown Brothersのワインを2本買って帰りました。今年の2月にタスマニアに行った際、ATSさんで手配してもらったクレイドル・マウンテンロッジのレストランでBrown BrothersのCrouchen & Rieslingに出会ってすっかり一目ぼれです。今までワインになんの興味もなかった私がここのワインだけは自分で買ってまで飲むほどになりました。ワイン初心者で苦いワインが苦手な人には是非飲んでもらいたい一品です!この他に日本ではまだ見つけたことのないBrown Brothersのマスカットというワインを買って飲んでみたのですが、激ウマすぎです。毎晩ワインを片手にQ1の広いお風呂に浸かりながらのジャグジーは最高でした。この非日常にホント癒されましたぁ・・・。それにしてもオーストラリアのワインは安くて美味しい・・・。

Q1展望台
Q1展望台から見たゴールドコーストの景色
この日はスパや買い物をしながらのんびりと一日を過ごし、そして夕方の日が暮れる前にQ1の78階にある展望台に行ってきました。ここはQ1に宿泊している人以外のGC観光客が沢山くる今やGCの観光名所の一つになっています。私のお目当てはサンセットとGCの夜景です。78階の展望台にはカフェバーもあり、ドリンクやスイーツを頂きながらその眺めを楽しむこともできます。

ここの展望台からはGCが360度一望できるんです。海の景色、ビル群の街の景色、そして緑と川に囲まれた住宅地の景色・・・、これらが一度に鑑賞できる展望台も珍しいですよね。78階なので空がとても近いっ!さすが世界で一番高いコンドミニアムですね・・・。40階からの眺めもよかったですが、やっぱり高さが違いますねぇ〜。西の空で夕日が沈み始め、東側の海の雲がその夕日の色を少しづつうつしてくるその自然の美しさがとても綺麗でした。太陽が完全に沈み真っ暗になると、今度はGCの繁華街の明るさと、道路を染めている車のオレンジ色のライトがまたとても綺麗でした。GCの景色を堪能です。
トップへ戻る




【 3日目 2007年6月11日(月) 】
シーワールド
シーワールド
今日はシーワールドのドルフィンツアーに参加です。
8:30頃Q1までツアーのお迎えの車が来てくれました。車に乗って約15分でシーワールドに到着です。私はイルカの餌付けのツアーに参加しました。初めてイルカに触れられるとあっていく前からとても楽しみにしてました。

シーワールドの開園は9時半ですが、私たちドルフィンツアーの参加者は開園前に中に入れてもらうことができます。こういうちょっと特別な感がまたとてもうれしいんですよねぇ。まだお客さんがいないシーワールドに入って早速イルカのいるプールへ向かいます・・・、そしてそこにはよく訓練されたイルカが2頭。早速膝までプールに入ってイルカと急接近です。



シーワールド ドルフィンツアー
シーワールド ドルフィンツアー
シーワールドのイルカトレーナーのお姉さんに教えてもらった手振りでイルカのサイモンが私の手の上に口先を乗せてくれました。そのポーズのままシーワールドのカメラマンさんが記念撮影をしてくださり、記念にその写真をもらいました。それからトレーナーさんがサイモンをじっと腹ばいにさせてくれるので、イルカの体をゆっくり触らせてもらえました。そして餌付けをしたり、投げたボールをとってこさせたり・・・とイルカと楽しく触れ合うことができました。

でも、この日はクイーンズ・バースデイでオーストラリアの祝日。サイモンもなんだかお休みモードでなかなか言うことを聞いてくれないこともしばしば。サイモンは高齢な為かなんとなく見た感じも眠たそうでした。でもサイモンに触ってとても癒された気がしましたぁ。やっぱ動物との触れ合いっていいですねぇ。

イルカとのスキンシップを楽しんだ後、今度はヘリコプターに乗ってGCの海岸線を空から一望です。ヘリポートはシーワールドの敷地内にあり、シーワールドから海岸の方へ飛び約5分ほどのお楽しみタイムです。ヘリコプターからは、広々としたシーワールド、ホテルやコンドミニアムのビル群、GCの海岸線が一望できます。 また、GCの独特の地形も上から見ることができます。昨晩のQ1展望台からの眺めとはまたちょっと違って、とても楽しむことができました。

ヘリコプターから見た海岸線 ヘリコプターから見た独特の地形
ヘリコプターから見た海岸線 ヘリコプターから見た独特の地形


ヘリコプターを楽しんだ後は、今度はイルカのショーを見に行きました。イルカのショーなんて何年ぶりに見ることだろう・・・と思いながらダイナミックなイルカのショーに興奮。その後も、アシカショーや水上スキーショーを楽しみました。そんなこんなでもう13:00を過ぎました・・・。あっという間に半日が終わりです。

観覧車からの景色
観覧車からの景色

その後、シーワールド内でランチを済ませ、今度は観覧車に乗ってみました。結構並んでいて順番がまわってこない・・・。並んでいる間なにもすることもないのでよ〜く観覧車を見ているとなんか日本の観覧車より回るのが早いような気が・・・、それに一番びっくりしたのが、一回転してもお客さんが観覧車から降ろされない??なにこれ?どんなシステム??っとずーっと観察していて気づいたのですが、どうやらお客さんは一回乗ったら4・5周回るみたいですね。

案の定、私が観覧車に乗ったときも4・5周目くらいしてようやく係りの人が観覧車の扉を開けてくれて降りることができました。観覧車からの眺めはとてもよくGCの眺めも楽しめます。後もう一つ観覧車で気になったことが・・・「VIP」と書かれた観覧車のBOXが一つだけありました。その中にはTVらしきものもあり・・・なんで?でもVIPのBOXには誰も乗せていませんでしたねぇ。シーワールドがどんな目的でこれを作ったのかとても気になります。。。誰が乗るんでしょうねぇ?MJとかが来たときを想定して作ってるとか?でも、観覧車に乗ったらTVは見ないでしょう・・・。

観覧車を楽しんだ後は、白熊、サメ、ジュゴン、生後3日のイルカなどさまざまなシーワールドの動物を堪能しました。
そしてあっという間に16:00になり帰る時間となってしまいました。
今日一日のお楽しみを終え、Q1に帰ります・・・。

Q1についても未だ16:30・・・これから海岸に出て日が暮れるまでの約一時間GCの海岸線を散歩しました。GCの海岸はとてもきれいです。ごみもなく海草なんかもうちあげられておらず真っ白?ゴールド?な砂浜です。夕暮れ時の海岸は少し肌寒く、ウォーキングするには最高の気温です。一時間ほど綺麗な砂浜を歩きながらGCの自然に癒されました。これで既に3日目が終了です。GCもあと残すところ一日になってしまいました。仕事じゃない時間はあっという間ですね。
トップへ戻る



【 4日目 2007年6月12日(火) 】
シュレック4D
シュレック4D
今日はムービーワールドで一日楽しみたいと思います。
Q1のレセプションで車の手配をしてもらい、Q1から少し離れたムービーワールドまで出発です!
ムービーワールドはGCの3大テーマパークの一つでハリウッド映画を題材にしたアトラクションが沢山あります。
ポリスアカデミーのスタントショー、シュレックのミュージカルショーなどのショーを楽しんだ後、沢山のアトラクションに乗ってあっという間に時間が過ぎていきました。私が一番楽しんだのは、シュレックの4D Movieです。

3Dは分かるけど4Dって??っとすごく楽しみにして会場に入りました。映画が始まってドンキーがくしゃみをした瞬間ようやく4Dの意味分かりました・・・。これ以上言うとこれから行く人は楽しみが半減してしまうので書きません・・・書きたいけれども・・・。実に楽しめました。やっぱシュレックいいですね。
キャラクターのパレードもあり、子供たちはとっても喜んでいましたよ。小さなお子さん連れの家族で行くにはとてもいいですね。一日中楽しめると思います。

そんなこんなで15:00になったのでムービーワールドからQ1に戻り、これから最後のGCを楽しもうとショッピングに出かけました。もう今日がGC最終日です。明日は早朝から移動しなければならないので残されたGCの時間を惜しみつつ・・・楽しくお気に入りのショップでお買い物です!

Q1バルコニー
Q1バルコニー



大好きなQ1で過ごす最後の夜はとても名残惜しく、離れがたい気持ちになりました。Q1は大のお気に入りのコンドミニアムです。

今度来るときは70階のペイントハウスに泊まろうと思いつつ、パッキングをし、私のお気に入りのバルコニーでお風呂上りにGCの風を感じながら最後の夜を過ごしました。

 

 

トップへ戻る


Q1
Q1

【5日目 2007年6月13日(木) 】
今日はこれからケアンズに行くためまずブリスベンの空港に向かわなければなりません。朝の6:20にQ1を出発し、ブリスベン空港行きのリムジンバスに乗り込みました。

あっという間の4泊5日GCの旅・・・。Q1のような部屋に住みたい!住みたい!っという私の未練のようなものを残しつつ残念ながらさよならです。私のオーストラリアの旅はまだまだ続きますがレポートはここまでで終わりです。。

オーストラリアの大自然に癒され、その気候の良さに癒され、動物たちに癒された、癒されっぱなしの旅でした。それと、Q1の空間にも本当に癒されました。


ありがとう、オーストラリア。




トップへ戻る


今回のレポートに掲載された商品の詳細・ご予約はこちらよりご確認頂けます。


Copyright(C) 2007 Australian Tour Specialists. All Rights Reserved. お問い合わせ会社案内ATSホームぺージトップ